「太祖王建」

「太祖王建」

  • トップページ
  • ストーリー
  • キャスト
  • 相関図
  • 年表
  • 動画
  • 掲示板
  • 韓流マガジン

ストーリー

【2013年8月5日(月)放送】 第129話:「曹物城の戦い」

太祖王建 「曹物城の戦い」太祖王建 「曹物城の戦い」

曹物(チョムル)城で、高麗と後百済の太子同士の対決が始まった。一進一退の攻防戦が続き、初戦はどうにか高麗の太子ムが勝利を収めるが、高麗の軍事力を確認した後百済は、ヨンゴムを高麗の陣中に送り込んでムを挑発する。ムは、パク・スリが引き留めるのも聞かず挑発に応じてしまい、敵の誘引策に引っかかり、救出に入ったチャン首将とエソンが戦死する。
一方、ワンゴンは、ムが正胤(せいいん)となったことで、ムの母オ氏を空席となっていた皇后に冊封(さくほう:王者が冊書をもって領土を諸侯に分け与え、統治させること)する。