「太祖王建」

「太祖王建」

  • トップページ
  • ストーリー
  • キャスト
  • 相関図
  • 年表
  • 動画
  • 掲示板
  • 韓流マガジン

ストーリー

【2013年5月8日(水)放送】 第69話:「弥勒観心法」

太祖王建 「弥勒観心法」太祖王建 「弥勒観心法」

官職の最高位である「匡治奈」の地位をパク・チユンからワン・ピョンダルに交替させたクンイェは、弥勒(みろく)観心法に目覚め、民の精神的統制をさらに強化しようとしていた。
そのころ、ワンゴンは、尚州(サンジュ)のアジャゲのもとにパク・スリを派遣し、キョンフォンとの仲たがいを図るために、アジャゲを"尚父"と呼んだ自筆の手紙を送る。
一方、クンイェは、定期的に全国の高僧たちを宮廷内に集めて法会を開催するが、その席でソクチョンは、クンイェに向かって「偽の弥勒」と言い放った。