「太祖王建」

「太祖王建」

  • トップページ
  • ストーリー
  • キャスト
  • 相関図
  • 年表
  • 動画
  • 掲示板
  • 韓流マガジン

ストーリー

【2013年1月24日(木)放送】 第1話:「後三国時代の幕開け」

太祖王建 「後三国時代の幕開け」太祖王建 「後三国時代の幕開け」

時は西暦896年、新羅チンソン女王の治世―。このころの新羅はひどく乱れ、中央政府を無視した独自勢力が各地に乱立する戦国時代の様相を呈していた。
西南海地方ではキョンフォンが王を自称し、北部ではクンイェが溟州(ミョンジュ)を占領、さらに鉄円(チョルオン)へと兵を進めていた。
鉄円に隣接する松嶽(ソンアク)では、城主ワン・リュンのもとに近隣の豪族たちが集まり、クンイェに付く決断を下す。鉄円城が陥落した歓声の中、ついにクンイェは大王を名乗る。