韓国ドラマ劇場「家門の栄光」

韓国ドラマ劇場「家門の栄光」

  • トップページ
  • ストーリー
  • キャスト
  • 相関図
  • 関連商品
  • 掲示板
  • 韓流マガジン

ストーリー

【2013年2月12日(火)放送】   第12話 「俺の命、手に負えますか」

歴史の勉強会に参加できないという連絡を受け、ショックを受けるヨンジャ。そんな母にガンソクは、他の会員がヨンジャの美ぼうにやきもちを焼いて参加させてくれないのではないか、と言って慰めた。
そんな中、ヨンインは、ソクホに電話をかけて食事に誘った。しかし、ソクホは嘆きながらもその誘いを断る。
そのころ、ダナはマンギ会長に、チョンガプ親子と手を組むことは危険が伴う可能性があるので考え直してはどうか、と提案する。しかし、マンギ会長は、私たちが始めた事業で故郷の人たちの血税が無駄使いされるのを見過ごすことはできない、ガンソクにはその気持ちだけでも分かっていてほしい、と語った。
一方、亡くなった曽祖父の位牌(いはい)の前で、三国志を読んであげているトンドンを見たマンギ会長とダナは、思わずその姿にほほ笑んで…。