韓国ドラマ劇場「家門の栄光」

韓国ドラマ劇場「家門の栄光」

  • トップページ
  • ストーリー
  • キャスト
  • 相関図
  • 関連商品
  • 掲示板
  • 韓流マガジン

ストーリー

【2013年2月6日(水)放送】   第8話 「家系図は渡さない」

不渡りのウワサが広まり、テソン建設は苦しい状況に陥っていた。ソクホの事務室では、テヨンとスヨンがチョンガプのたくみな駆け引きに頭を悩ませる。
同じころ、チョンガプは、「交渉事では相手を強く追い詰め過ぎるな」と息子のガンソクにアドバイスしていた。その時、スヨンから、業務提携についての話し合いを求めて、電話がかかってくる。しかし、その電話にガンソクは、あえて出なかった。
 そんな中、どうしても「李氏」の家系図を手に入れたいガンソクは、「李氏」の家系図をノ教授に預けたというイ氏のもとを訪ねていた。息子が病気で入院費も払えなくなって苦しい状況のイ氏に、ガンソクは入院費を出す代わりに家系図を売れ、と迫る。そこにノ教授に頼まれて入院費を払いに来たダナとヒョンギュが現れた。するとダナは、「家系図は、売買する品物ではなく、最善をつくして守るもの」と言い放ち、入院費の不足分を自分の預金から援助することを宣言する。さらに、ダナはなおも攻撃的にケンカを売ってくるガンソクのほおを打ち、ヒョンギュも、ガンソクの胸ぐらにつかみかかる。すると、ガンソクは、ヒョンギュの顔をこぶしで打ち…。