ドラマ情報

2010年2月2日
『チュノ 推奴』が4月、アジアドラマチックTVでの日本初放送が決定

『チュノ 推奴』が4月、アジアドラマチックTVでの日本初放送が決定

チャン・ヒョク、オ・ジホ、イ・ダヘ主演で視聴率30%を越える大ヒットとなっているKBS第2の水木ドラマ『チュノ 推奴』。早くも4月、アジアドラマチックTVにて日本初放送される。
『チュノ 推奴』は、朝鮮時代を舞台に、逃亡奴婢とこれを追う追撃者(「推奴」)の話を描くもの。
韓国でも「推奴」についてはほとんど知られていないことから、放送開始直後から検索ワードの上位に上がるなど、興味を持たれている。
これまで、大ヒットした時代劇といえば、王様、宮廷を舞台にした歴史時代劇が多い中、奴婢という下層階級の人々を扱うという点で、当初は視聴率の行方は不透明だったが、始まってみると、しっかりした脚本、キャストの演技力、映像の美しさなどさまざまな点で高評価を得ている。イケメンキャスト陣の、見事な体を大胆披露した体当たりの好演も見どころだ。
初回放送で全国視聴率22.9%(TNS調べ。以下同)を記録し、以降第2話24.8%、3話27.2%、そして4話ではついに30%の大台に乗せ、その後も右肩上がりと絶好調。日本でもこの新たな時代劇旋風を巻き起こせるか、期待される。