大王の夢

大王の夢

  • トップページ
  • ストーリー
  • キャスト
  • 相関図
  • 関連商品
  • 掲示板
  • 韓流マガジン

ストーリー

第50話:「羅唐同盟」

百済の侵攻を防ぐ策を整えるため、使臣として唐に渡ったチュンチュ。皇帝の太宗に謁見したチュンチュが物怖じすることなく天下の和平を語ったことで、太宗は激怒する。
一方、チュンチュが唐に行ったことを知り、戒感を募らせる義慈(ウィジャ)王は、唐が介入する前に一気に新羅を攻めることを決めた。新羅の辺境の城が百済によって次々に陥落させられる中、ユシンは病を理由に挙兵せず酒浸りの生活を送り、それを知ったアルチョンは怒りをあらわにする。