大王の夢

大王の夢

  • トップページ
  • ストーリー
  • キャスト
  • 相関図
  • 関連商品
  • 掲示板
  • 韓流マガジン

ストーリー

第44話:「政変」

倭(わ)と百済の将軍ケベクの目を避け、倭からの脱出に成功したチュンチュ。
一方、ケベクはチュンチュを百済に連行しようと後を追う。
そのころ、新羅の都では上大等(サンデドゥン)のピダムが和白会議を開き、自らを摂政に推薦しようとするが、アルチョンたちに強く反対される。そんな中、船上からチュンチュは善徳(ソンドク)女王に親書を送り、太子(テジャ)を決めることでピダムの野望を打ち砕くよう進言する。善徳女王は葛文王(カルムンワン)の娘で聖骨(ソンゴル)のスンマン宮主(クンジュ)を太子とすることに決める。