大王の夢

大王の夢

  • トップページ
  • ストーリー
  • キャスト
  • 相関図
  • 関連商品
  • 掲示板
  • 韓流マガジン

ストーリー

第42話:「巨塔の明暗」

チュンチュは使臣として、皇極(こうぎょく)天皇に謁見中、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)の政変に巻き込まれてしまう。
一方、新羅では、善徳(ソンドク)女王が朝廷と民の和合を図るため皇龍寺(ファンニョンサ)の仏塔建立を進めていた。ピダムは密かに仏塔建立を妨害する策を講じる一方で、チュンチュを殺すために倭(わ)に刺客を送る。チュンチュの身を案じて倭に来たインムンたちの前に、百済の将軍ケベクが立ちはだかる。しかし、ケベクはチュンチュが倭にいる間はチュンチュの命を守ることを約束する。