大王の夢

大王の夢

  • トップページ
  • ストーリー
  • キャスト
  • 相関図
  • 関連商品
  • 掲示板
  • 韓流マガジン

ストーリー

第37話:「大義の代償」

チュンチュは、父ヨンチュンの悲報を聞き、悲しみに暮れていた。陥落寸前のテヤ城を救うため、ユシンは直ちに出征しようとするが、ピダムは援軍の派兵を認めない。父を殺されたチュンチュは、ピダムを監禁して自ら出征することを決意する。
そのころ、百済軍の猛攻を受けたテヤ城では、プムソクがボムミンに城を出て援軍を呼んで来るよう告げていた。プムソクが必死の抗戦を続ける中、チュンチュとユシンは軍を率いて急いでテヤ城に向かう。