百年名家~築100年の家を訪ねる旅~

百年名家~築100年の家を訪ねる旅~

  • トップページ
  • バックナンバー
  • contents3
  • contents4

バックナンバー

葉山にそびえる白亜の洋館
~宮家の海浜別荘「旧東伏見宮葉山別邸」~

今回は神奈川県の葉山町にある「旧東伏見宮葉山別邸」を訪ねます。三浦半島の西北部に位置する葉山町は、明治20年代にドイツ人医師E・ベルツらによって保養地として着目され、以来多くの皇室関係者が別荘を設けるようになりました。明治27年には葉山御用邸が造営され、保養地葉山の名は広く知られるようになります。そんな葉山に唯一現存する宮家の別荘が旧東伏見宮葉山別邸です。この建物は、皇族軍人として海軍大将を勤めた東伏見宮依仁親王が大正3年に建てたもので、関東大震災以前の葉山皇室別荘としては異例の洋館建築です。戦後はイエズス孝女会に譲渡され、現在は修道院の一部として保存されています。敷地内に建つ白亜の洋館は、一見フレンチルネサンス風の様式を基調としていますが、細部には当時のヨーロッパで最先端のモダンデザインが施されています。設計したのは宮内省内匠寮出身の木子幸三郎。洋館内部も白で統一し、海浜別荘らしく開放感溢れる趣でまとめています。従来の皇室建築に見られる重厚な装飾は極力抑え、シンプルで直線的なデザインを選択した依仁親王と木子幸三郎。東伏見宮葉山別邸は、皇室建築を語る上で欠かすことのできない名建築です。

360°画像

#140_車寄せ - Spherical Image - RICOH THETA

車寄せ

#140_15畳座敷 - Spherical Image - RICOH THETA

15畳座敷

#140_客間 - Spherical Image - RICOH THETA

客間

360°画像を快適に見るには、お使いのブラウザのバージョンを最新にしてください。

http://windows.microsoft.com/ja-jp/internet-explorer/download-ie

取材先情報

・旧東伏見宮葉山別邸(イエズス孝女会葉山修道院)

※通常非公開となっております。

・葉山しおさい公園

神奈川県三浦郡葉山町一色2123番地の1 TEL:046-876-1140
開園時間:午前8時30分~午後5時(入園は午後4時30分まで)
休園日:月曜日、祝日の翌日、年末年始(12月28日~1月3日)
入園料:
高校生以上300円(250円)、小・中学生150円(100円)
※( )内は20名以上の団体料金。
※次の方は入園料が無料になります。
 ・未就学児
 ・葉山町内在住の70歳以上の方
 ・身体障害者手帳及び療育手帳、
  精神障害者保険福祉手帳を提示された方および介助者1名
駐車場:
無料駐車場あり(20台)
 交通:
JR逗子駅、京浜急行新逗子駅から
バス海岸廻り葉山行き「一色海岸」下車すぐ。
または、山手廻り長井方面行き「葉山」下車徒歩3分。

※上記以外の情報については、公開出来ません。