ザ・インタビュー ~トップランナーの肖像~

ザ・インタビュー ~トップランナーの肖像~

  • トップページ
  • バックナンバー
  • インタビュアー
  • contents4

バックナンバー

2月8日(日)ゲスト:船越英一郎

本業の俳優は勿論、バラエティ番組や司会業などマルチに活躍する船越英一郎。特に代名詞と言われるのが2時間ドラマだ。刑事・外科医・火災調査官・船長・カメラマン…ありとあらゆる役を演じ、出演した2時間ドラマの本数は、300本以上。民放キー局全ての2時間ドラマで主役シリーズを持ったことがあるという男優は、船越以外いない、まさに帝王である。

今回のインタビューは、船越の母校・日大芸術学部のキャンパスを歩きながら、俳優になる原点、日芸で過ごした青春時代を聞くところから始まった。 父は船越英二、母は長谷川裕見子という俳優一家で生まれ育った船越が、日芸・映画学科に入学したのは、1979年。実は当時は俳優ではなく、映画監督志望だった。 しかし、俳優の真田広之、映画監督の石井聰亙(「狂い咲きサンダーロード」)、長崎俊一(「ロックよ、静かに流れよ」)、手塚治虫の息子、手塚眞といった才能あふれる同世代と出会い、映画監督を諦める。そして結果的に選択することになったのが、両親と同じ俳優業であったという。その理由とは。

1982年、"二世ブーム"に乗ってデビュー。周りの二世俳優は主役を演じ華々しく活躍するも鳴かず飛ばずの日々。「40年俳優をしてきて見る目は確かだ。残念ながらお前には才能がないー」 父・船越英二から突き付けられたのは、耳を塞ぎたくなるような厳しい言葉だった。しかし、船越はそれを叱咤激励と捉え、ポジティブに変えていく。その背景には、同じく息子の行く末を案じる母からのある言葉があった―。

船越が客員教授を務める、母校・日大芸術学部のスタジオにて行われたインタビュー。 俳優・監督志望らの学生たちが見つめる中、デビューから帝王と呼ばれるようになるその歩みを熱く、飾らず、そして真剣に語る姿は、まさに船越版"アクターズ・スタジオ・インタビュー"。 更にインタビュアーAERA編集長・浜田敬子が、女性ならではの視点で、妻・松居一代との夫婦関係や血の繋がらない息子さんとの秘話など、貴重話満載の赤裸々なプライベートにも切り込む。