あらすじ

総製作費220億ウォン!韓国初!歴史ドラマの女性像を一変させた革命的作品
高麗に実在したと言われる妖婦・千秋太后を新たな視点で捉え、女傑ヒロインとしてよみがえらせた。これまでの時代劇に見られる受動的な女ではなく、女性が最も強く、理想に燃えていた高麗時代に君臨した千秋太后の半生を描き、韓国の人々に感銘を与えた人気作。
韓国ドラマ劇場「千秋太后」

918年 太祖王建(ワンゴン)が高句麗の国土を奪回すべく建国した国・高麗。
998年 勢いづいている契丹が80万の兵を率いて高麗に攻め入った。領土の割譲を要求した契丹に対し、言いなりになろうとする高麗国王の兄・第6代成宗と、抗戦を望む太祖王建の孫娘であり、第5代国王の妃でもあった妹のファンボ・ス(千秋太后)。ファンボ・スは、第5代国王との間に後に第7代国王となる子・穆宗をもうけていた。国王である兄の意向に背き、太祖王建の理想を実現するために、愛する息子を守るために、血塗られた戦いの先頭に立つ。理想のために愛を失っても、大帝国高麗という夢を手放すことが出来なかった英雄、千秋太后の波乱に満ちた生涯を描いた歴史的超大作。

【全80話/字幕】

ページのトップへ